日めくりインドア女子

ゲームや漫画、ドラマやコンビニスイーツなどに関するインドア女子の記録

フリーゲームElonaが面白すぎて一生遊べそう

Eternal League of Nefia(通称Elona)を知ってしまいました。

2007年に日本でリリースされたフリーゲームです。

ylvania.org

これがとにかく面白い。

おかげでGoogleの検索履歴が「Elona おすすめスキル」「Elona エーテル病」と、すっかりElonaだらけに

こんなに調べながらゲームをしたのはMH4G以来かもしれません。調べたくなるゲームは良いゲーム。

Elonaの面白さ

Elona

釣りもできる

Elonaの魅力は何といっても自由度が高いところ。

釣りをするもよし、ダンジョン(Elonaの世界ではネフィアと言うらしい)に潜ってお宝を拾い集めてもよし、窃盗スキルを磨いて大泥棒になるもよし、好きなようにプレイすることができます。

でも自由度が高いだけじゃない。

食事や睡眠をとらなければ死んでしまうし、窃盗を見咎められたり依頼を達成できなかったりでカルマが下がればガードマンに切り殺されてしまうし、常に緊張感と隣り合わせです。そこのバランスが面白い。

そして夢中になる要因はランダム性と報酬のバランスもあるのだと思います。

ランダムで幸運なことも不運なことも起こる。入力をしたぶんだけ、スキルが育って報われる。これがランダム性だけ、もしくはコツコツと時間を費やすだけだったらここまで夢中でプレイしていないかもしれません。そこのバランスが本当に秀逸です。

自由度が高いといえばグラフィックや名前、テキストやBGMの差し替えが簡単にできるのも非常に楽しいです。

最初は死にまくる

独自のゲームシステムにより、調べて対処しないととにかく死にまくります。

Elonaをダウンロードして、プレイして理不尽な死に目にあい、Elonaフォルダを丸ごとゴミ箱につっこむところまでが初心者にとってのチュートリアルなんだとか。

私も最初は死にまくりました。

果実の木に体当たりしようとしたら町民にぶつかってしまって殴り殺され、空腹になってそこらへんで拾ったものを食べたら当たってしまい飢え死にし、いやいや、なにこれ? と最初は戸惑うばかり。

空腹をやりすごして生き延びられるようになったと思ったら、3の倍数の月に吹き荒れるエーテル風にあたってエーテル病を発症。よりによってかかってしまったのが「歩いているうちに不意にマップのどこかにテレポートで飛ばされてしまう」というひどくやっかいなエーテル病でした。

エーテル病を治すためにはエーテル抗体のポーションを飲むしかありません。そのエーテル抗体を手に入れるためにカジノのある街へ行きましたが、エーテル抗体は手に入らずに結局そのキャラは消しました

それでもまたプレイしてみたくなったのは、エーテル病にかからないためにはああすればよかったとか、次はこうしてみようとか考えていたらワクワクしてきたからです。

検索履歴がElonaで埋め尽くされるほどに調べてたどり着いた環境でキャラを作り直して、今は快適にプレイしています。

Elonaどれをプレイしたらいいの問題

Elonaのバージョンは公式から配布されているver1.16安定版、ver1.22開発版、クリスマス版に加えて、有志によるヴァリアント版もたくさんあります。

それぞれに個性があり、どれをプレイしたらいいのか悩みますが最初に私がDLしたのはver1.22開発版。それから「ここがああだったらいいのにな」というのを調べていくうちにomake、omake_overhaul、と流れていって、現段階では
oomEX(omake_overhaul_modify)にたどり着きました。

一番助かっているのは装備の記憶機能です。

Elonaでは睡眠中に装備が祝福されることもあれば呪われてしまうこともあるので、ベッドに入る前に装備を全部脱ぐようにしているのですが、「装備全外し」の状態で記憶させておけばすぐにできるので重宝しています。

マジで一生遊べるゲームかもしれません!