日めくりインドア女子

いろいろかいてみる

フリマアプリ「メルカリ」で初出品。値下げの洗礼を受けました!

個人間でかんたんに品物の売り買いができるメルカリ。

今まで何度かメルカリで購入したことはありましたが、出品したことはありませんでした。

ふと「メルカリに出品してみようかな」と思ったのは、古いゲームソフトを整理していたときです。もう遊び終わってしまったし、かといって町の中古ショップに売りに行くのも面倒だし…ということで思い切って出品してみました。

 

メルカリでの出品方法はとても簡単

 メルカリはパソコンから利用することもできますが、私はスマホアプリを使っています。購入だけならパソコンからでも問題はないです。ただ出品、発送となるとQRコードを作成して発送時に読み込ませる必要がありますので、出品もするならおそらくアプリも必要になるのかなと思います。

以下の体験はスマホアプリでの出品に関して書いていきますね。

▼メルカリのアプリはこちら

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

出品をするまえにやっておくこと

出品したい品物の相場をあらかじめメルカリで調べておくとスムーズです。

出品編集中に下書き保存や出品後の修正等もできますが、最近その品が売れたのはいつごろか、価格帯はどのあたりかについてチェックしておくと価格を決めるときの参考になります。 

写真や説明文を埋めていくだけ 

f:id:awawako:20170620134721p:plain

「出品」のボタンをタッチすると、画像や説明文などの必要箇所を埋めていくように促されます。

写真はスマホのカメラを起動して撮ることもできますし、スマホの中にあるギャラリーからあらかじめ撮影済の画像を選択することもできます。

f:id:awawako:20170620134749p:plain

画像には編集機能も付いているので、トリミングや画質調整はもちろん、文字を入れ込むことなども可能です。

f:id:awawako:20170620134818p:plain

説明にはなるべく詳しく入れたいところですが、商品名は40文字まで、商品の説明は1000文字までの字数制限があるので要点をおさえて書き込みます。

カテゴリーは商品名を入れると自動で候補が選択肢に出てきますので、的確なものを選びます。

発送方法の「メルカリらくらく便」は「発送料金込み」でないと使えないので注意が必要です。

すべての必須項目を埋めたらいよいよ出品です!

 

早速「いいね!」の洗礼

スポンサーリンク  

出品してまもなく、通知がきました。誰かが商品に「いいね!」を押してくれたようです。流石に利用者数が多いアプリだけあります。こんなに早く「いいね!」が来るとは…。

購入者目線で見ると、メルカリにおいて「いいね!」するときは購入を検討しているときです。めぼしいものをいいねしておいて、あとでゆっくり検討したり吟味したりすることが多いですね。

 

値下げと言う名の心理戦

さて、いいね!は何名様かにつけていただいたものの、それ以外の動きはしばらくありませんでした。

気長に構えておこうかなと思った矢先に、コメントがついたとの通知が。

200円ほどのお値下げは可能ですか?というものでした。

メルカリのコメントでは値下げに関するものが少なくなく、そのやりとりもまたひとつの文化なのでしょう。ちなみに私自身は購入するときになんとなく面倒くさそうという理由でそのままの値段で購入することしかありませんでした。

さて、初めてのお値下げ交渉。

面白いもので、まったく嫌な気はしませんでした。このまま「いいね!」だけが付いて埋もれていくより、少しお値下げすれば確実に買ってもらえるのは気が楽になるような思いだったからです。

 

値下げをするもしないも自由

スポンサーリンク  

しばらく考えましたが、結局お値下げをすることにしました。

元々、出品をすることがなければゼロ円のものだったのです。それに今回は初めての出品だし、実績をつくるためにもこれくらいの値下げであれば十分利益があると感じました。

細かい手順としては、自分が出品している商品を「編集」して価格を変更したり、お買い上げが約束されていれば相手の名前を商品名に入れ込んで「〇〇様専用」などとして、相手にコメント欄にて連絡をします。

 

メルカリたのしい!

出品から購入いただくまでを書きましたが、ここまででもうだいぶアドレナリンが出ていました。ものをお買い上げいただくということがこんなにうれしいとは。ふだんインドアで仕事をしているもので、メルカリを介して久しぶりに見知らぬ人と関わった気がしました。

長くなってしまったので、実際に発送した体験については次回に書きたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!