日めくりインドア女子

ゲームや漫画、ドラマやコンビニスイーツなどに関するインドア女子の記録

「ハッピーマニア」完全新作続編!45歳になった重田カヨコの「今」

どうもどうも。今日は七夕ですね。

七夕といえば、再会。

2017年の七夕には驚くような再会がありました。

それがこちらです。

2001年に完結した安野モヨコ「ハッピーマニア」の続編「後ハッピーマニア」が、2017年7月7日発売のフィールヤング8月号に掲載されるとのお知らせが!

「ハッピーマニア」といえば重田カヨコが幸せを求めて恋愛をしまくり失敗しまくる破天荒レディース(あえて少女とはいわない)漫画の金字塔。

それの続編とあらば、読まないわけにはいきません。

普段漫画雑誌を買うことはほとんどないのですが、どうしても手に取ってじっくり読みたかったので本日駆けずり回ってきました。近所の書店にて1冊だけ残っていたのをゲット!

16年ぶりの続編!!

f:id:awawako:20170707191522j:plain

見開き巻頭カラーどーん! すみません、あまりにも綺麗だったのでこのページだけ載せました。他の画像は載せません。見てのお楽しみ!

大きく描かれているのはカヨコとフクちゃん、そしてタカハシ!

あ、今気づいたけどカヨコはハッピーマニアの最後にタカハシと結婚した(はず)だから重田ではなく高橋カヨコなんですかね? 今の今まで気づかなかった…。

それにしてもこのカヨコの表情、おそろしいほどの気迫ですね。ピンチに目を見開いているような、現実を見つめようとしているような。でも思い返してみれば16年前のカヨコもこんな風にいつもガンつけてるような必死な表情でした。

フクちゃんはあれですね…変わってないように見えます…そしてタカハシ…なんだろうこのポカンとした無慈悲にも思える明るい表情は…。

 

ネタバレなしの感想

スポンサーリンク  

カヨコとフクちゃんは喧嘩して5年間会っていなかったという設定でしたが、二人のやりとりはいつも通りで懐かしくなりました。カヨコがボケつつ、フクちゃんは激しく突っ込みつつも意図せずボケたり、それをカヨコが心の中で突っ込んだり。年齢を重ねてもそんな風に話せる友達がいるって素敵です。カヨコがフクちゃんのところに来た理由は素敵じゃなかったですけども。

カヨコとフクちゃんそれぞれの状況や、お互いの老け具合(!)の描写に、16年の重みを感じます…。

驚いたのが、てっきり「読み切り」かと思って読んでいたら途中で終わってしまったことです!  to be continuedって書いてあるし! 続くんかい! それはそれで嬉しいけど、驚いたよ!

作者の安野モヨコさんがTwitterでも続きがあることを明言していらっしゃいました。

「後ハッピーマニア」の続きは来年だそうです。オッケー待ちます!

 

「後ハッピーマニア」の詳しいネタバレ感想

ここからは、ネタバレありの感想ですので十分にお気をつけください。

5年ぶりに再会するカヨコとフクちゃん

冒頭は、45歳のカヨコがフクちゃんの前に姿を現す場面から始まります。

しかし、フクちゃんは無視。シカトです。

無言でカヨコにスマホを向けて写真を撮るフクちゃん。

バツが悪そうなカヨコは、

「フクちゃん…

 あたし…心霊現象とかじゃないよ」

となだめますが、フクちゃんはかなり怒っている様子。

どうやら、カヨコとフクちゃんが会うのは5年ぶりで、その間カヨコは全くの音信不通だったようです。

フクちゃんは

「あたし達 絶交してたよね?」

「5年も音信不通でよく顔出せるね」

とカヨコを突っぱねますが、カヨコは「あたかも住民であるかのような顔」をしてスッとフマンションのエントランスを通過。

カヨコとフクちゃんの女子コントのやりとり、「ハッピーマニア」を愛読してた人にはかなり懐かしいものがあるんじゃないでしょうか。

ちなみに二人が絶交していた理由は、5年前にフクちゃんが

「ボトックス打ったとこ変じゃない?」

とカヨコに聞いたら

「やばいって!顔が横にひっぱられてアハハ!ガラモン(ウルトラ怪獣©円谷プロ)みたいになってるよ」

と笑ったことだったらしいです。

さすが美の女神フクちゃん。そしてカヨコの向こう見ずで正直すぎる言動。

そんな状態でカヨコがなぜフクちゃんのもとに来たかというと、

「本当にどこにも行くとこがない!」

とのことで、泣きはらしてシワシワになった(これもフクちゃんにツッコまれてた)目で親友のところに来たんですね。 

45歳のカヨコに何が?

カヨコが泣きはらした理由。それは、タカハシに好きな人ができたこと。

「好きな人ができたから

 別れてくれって———…

 言われた!!」

見開きページで衝撃の告白。

ですが、フクちゃんは眉毛ひとつ動かしません。

「もう絶対無理なやつじゃん」

「だってタカハシ絶対

 浮気しなかったでしょ」

「本気じゃん?」

とまくしたてるフクちゃん。

それを聞いたカヨコは床に倒れこむほど納得します。

絶対に…

「浮気しない男」の代価 

「浮気」じゃなくてすぐ「本気」

そうだったそうだった。タカハシってそんなヤツでしたよ。

だからこそあの頃のタカハシは婚約中だったにもかかわらず、本気になってカヨコを追ってきたんですよね。

フクちゃんの近況は?

一方、フクちゃんはヒデキと別居中でした。

息子のヨウジとヒデキは、58歳の美魔女のところにいるようです。うっ…これもなかなか衝撃。

フクちゃんの仕事はとても順調で、会社の年商は1億。15歳年下の彼氏もいるようです。

さすがフクちゃん。あっぱれフクちゃん。

浮気が本気になったタカハシは

現在のタカハシが描かれたシーンもありました。

とある女性のアパート。そのドアを、タカハシがガチャガチャやって開けようとしています。なんだか乱暴ですね…タカハシこわい。

45歳はとてもいってなさそうな、30歳くらいの女性(眼鏡黒髪)は

「私は…奥さんいる人をどうこうとか 

  ましてや恋愛なんて絶対…

 人様の結婚生活を壊すなんて絶対イヤなんです」

とドア越しに拒否。

でも、頬は染まっているしタカハシのことを好きそうな感じではあります。

そしてタカハシは

「わかってます

 でも

 妻とは…ちゃんと別れます」

と、ものすごいキメ顔で断言

いやいや、なにキリッとしちゃってんだよー!

しかもカヨコの老け具合と比べると、タカハシがいい具合に年を重ねてるっぽい。これは年下の女性ともワンチャンありますね…。うーむ、カヨコ不利かも…。

カヨコはどうする

タカハシの性格を考えると無理なのかもしれない、そう思ったカヨコでしたが、フクちゃんが放った

「いいの? そんなあっさり渡しちゃって

 あんた嫁なんだから戦いなよ」

という言葉にハッとなります。

さすがフクちゃん…(二回目)。カヨコが言ってほしがっている言葉をすぐには与えないけど、根底では友達として寄り添ってくれる。友情に泣けます。

そしてカヨコは

私はこれから私の現実に立ち向かわなければならない

そしてそれは

かなりやばい

 と、カッと目を見開くのです。

現実を直視するその視線。それこそがカヨコだ。がんばれカヨコ。フクちゃんがいれば百人力だ。

 

っていうか……

っていうかさ……

タカハシなにやってんのー!

なにちょっと若い女の子に入れあげてんのー!

しかもマジ惚れっぽいし。

あーあ。でもね、タカハシって前からこんなでしたよ。シゲカヨのことを好いて追っかけてきたときもこうでしたよ。だから、納得もできるんですよね。人は根本的には変わらないものなんだなーって、思いますよね…。

その部分に関しては、

絶対に浮気しない男の代価

とも描かれていました。 

変わらなさ加減でいえばシゲカヨも、とくに職にもつかずにプラプラしているという部分では同じ。

でも、浮気に関しては「ギリギリまでは何度かあるけどやってない!」らしいから驚きです。

「はー、恋したい」が口癖だったシゲカヨからは想像もつかないほど一途だったんだねー。

そんな感じでタカハシに別れを切り出されて、フクちゃんのところに駆け込んだカヨコ。この図式も以前と同じです。ある意味安心…してはいけないんでしょうけど。

フクちゃんのほうもわりと複雑です。事業では成功して年収1億(!)の女になったけど旦那(ヒデキ)と息子は愛人の美魔女のところに入り浸り。フクちゃんはたまに若い男と遊びながらほぼ一人暮らし…という、カヨコが転がり込むにはうってつけの状況ですね!

 

読み終えた心境

完結した作品の続編って、100パーセント楽しいうれしいという感想だけではないということがわかりました。なんというか、苦しい。正直に言うと、再びもがいているカヨコを見て苦しくなりました。

「ハッピーマニア」は何度も読み返している大好きな漫画のひとつです。それは、最後にちゃんと完結している(まだカヨコの冒険は続くというかたちの終わり方であっても)のを知っているから、安心して何度もカヨコの恋路を「もー、ほんとになにやってんの」とフクちゃんのような気持ちで、またある時はカヨコ本人のような暴走特急なテンションで読めるのです。

今回の「後(ご)ハッピーマニア」では人物もリアルの年月と同じだけ歳を重ねさせていたこともあり、カヨコたちがより身近に、リアルに感じられました。続きは1年後くらいということで苦しさは続きますが、またカヨコの生きざまをある時点まで見届けたいなと思います。

 

ちなみに今、MANGA ZEROでは「ハッピーマニア」全11巻が無料で読めるそうですよ!

manga-zero.coroco3.com

 

お読みいただきありがとうございました!