日めくりインドア女子

ゲームや漫画、ドラマやコンビニスイーツなどに関するインドア女子の記録

【StardewValley】エリオットの親密イベント【スターデューバレー プレイ記】

f:id:awawako:20191001102311p:plain

Switch版スターデューバレー(StardewValley)で遊んでます!

ゲーム内で三年目に突入しました。おじいちゃんの評価はろうそく4本のうち3本…75点ですね。農業はのんびりやっていきます。

始めは牧場やバンドルのことでいっぱいいっぱいでしたが、谷じゅうを駆けまわるうちに住人とも少しずつ仲良くなっていきました。

スターデューバレーでは親密度が上がると恋人になれて、さらに結婚もできます。同性同士での結婚も可能というのには驚きました。プレイ前に知っていれば、男主人公にしていましたね。残念!

さて、独身の男女12人のうち、いちばん最初に仲良くなったのがエリオットです。

f:id:awawako:20191001103217j:plain

たぶんシルクとかのシャツですね

初期に仲良くなるのが自然な男性

エリオットは浜辺の家にひとりで住んでいます。

私がまずスターデューバレーに来てなにを始めたかというと、釣りでした。

www.indoor-joshi.com

釣具を扱うウィリーの店がエリオットの小屋の先にあるんですよね。

なので自然とエリオットと顔を合わせる機会も多くなります。

好感度は会話するだけでも上がるしくみになっているので、エリオットを見かけるたびに話しかけていつしか友好度が上がっていきました。

というわけでエリオットと恋人になるまでの感想を書いていきます。

イベントに関するネタバレを含みますのでご注意くださいね。

エリオットの第一印象

最初に住民すべてと話すクエストがありますよね。

はじめましての挨拶をしてまわったとき、住民の反応はわりと冷たい態度が多かったんですよ。荒れた牧場を整備するなんて風変わりな奴が来たもんだ、みたいな。

でもエリオットはかなりフラットというか、敵意はほとんどなかった気がします。

かなり前の話で実はスクショも取っていなかったんですけどね。

むしろエリオットは最初から友好的で、顔を見るたびに話しかけても紳士的。

それだけで第一印象は良いものでしたね。周りの人が冷たかったので相対的に好感を持ちました。

f:id:awawako:20191001104632j:plain

ポケットにカニ飼ってるけどね

エリオットが浜辺に住んでいる理由

エリオットと仲良くなりはじめたある日、小屋をたずねると話を聞けました。

f:id:awawako:20191001104922j:plain

小さな頃からの夢

エリオットは作家になりたい。ものごころついたときからずっと、ってすごい。そしてその夢を持ち続けるのもすごい。

f:id:awawako:20191001105111j:plain

集中するため

ひとり海辺で暮らしているのは、執筆活動に集中するためだそう。

f:id:awawako:20191001105216j:plain

故郷をはなれてきたと

ああ、だからエリオットは主人公に最初から温かかったんですね。

エリオットも主人公も谷のそとから一人でスターデューバレーにやって来て周りからは「成功するなんてムリなんじゃないの?」と思われている。

エリオットは主人公に自分と似たものを感じたのでしょう。小説と牧場、ジャンルは違えど似たような境遇です。

エリオットが小説を書きあげるまで

物書きに集中するために浜辺の小屋でひとりで暮らすエリオット。

しかし、なかなかインスピレーションがわかず、スランプに陥っている様子。

小屋をたずねると、小説を思うように書けずに苦悩する姿が見られました。

スクショを取り忘れてしまいましたが、ピアノを弾いてくれたこともありました。

あとは「君にこの花を育ててほしい……」とか。

どういうことかな?と思ってジョウロで何度も水をあげようとしましたが、そういうことじゃないみたいです。概念か。

ある日、君はどんな小説を読みたいか?と聞かれたこともありました。なんとなくミステリーとか答えたような…(うろ覚え

エリオットと主人公が仲良くなることで、何が起きるか。それは、エリオットの小説が完成に近づくことを意味します。出会いって素敵ね。

f:id:awawako:20191001110226j:plain

ちゃんと書いてから飲む

エリオットの執筆は順調。8時間もぶっ続けで書くこともあるみたい。過集中というやつでは。作家向きなんだと思います。このあとワインをおごってもらいました。

ついに小説が完成

ある朝、エリオットからサプライズな手紙が届いていました。

f:id:awawako:20191001110513j:plain

ところで郵便屋さんて誰なんだろう

完成した小説の朗読会が開かれるそうです。小説家デビューですね。

場所は図書館。一瞬まよいましたが、博物館と同じ建物内にあるんですね。

f:id:awawako:20191001110728j:plain

そりゃ来ますとも

f:id:awawako:20191001110759j:plain

たくさん集まってる!

f:id:awawako:20191001110832j:plain

いや、顔w

f:id:awawako:20191001110921j:plain

タイトルは「青い塔」

…あ、やっぱりあのときのエリオットの質問にはミステリーを選択してたみたいです。

f:id:awawako:20191001111049j:plain

全部読むの?

f:id:awawako:20191001111110j:plain

割愛(ごめん

f:id:awawako:20191001111205j:plain

ぱちぱちぱち

f:id:awawako:20191001111220j:plain

え!くれるの!

記念すべき第一作。うれしいな。

f:id:awawako:20191001111311j:plain

本…?

持ち物には入ってませんでした。物理的な本じゃない。大切なのは心の中にあるんだよ、ということでしょうか。

恋人になってから

エリオットに初めての花束を渡し、スタデューバレーで初めての恋人ができました。

恋人になると、エリオットはちょいちょい牧場のことを気にかけている様子。

嫁いで来る気満々じゃないですかー。

f:id:awawako:20191001111651j:plain

そうなの?

せっせと刺身を渡して、ハートが10まで満ちるのもあっという間でした。

そしてまた届いた手紙。

f:id:awawako:20191001111853j:plain

なるほど

f:id:awawako:20191001111926j:plain

朝イチで行く

愛馬にのって海辺にあるウッドデッキへ向かいます。

f:id:awawako:20191001112030j:plain

来たよー(ゼエハア)

f:id:awawako:20191001112055j:plain

ボートを修理できる男

エリオットさん、ポエミーな文学青年かと思いきや、古いボートの修理ができちゃう。

いいですね!ギャップ萌えですよ!

f:id:awawako:20191001112205j:plain

誘い方が詩的

Come with me! とかじゃないんですよね。エリオットは。ドラマティックな誘い方で素敵だなぁ。ボートに乗り込むときにはお姫様の手を取ってエスコートしてくれます多分。

航海に乗り出した二人。広い海の上に、二人きりです。

f:id:awawako:20191001112528j:plain

おぉぉぉ

このあいだ出版された「青い塔」の評判は上々のようです。

住民のみんなでAmazonレビューを書こう。

f:id:awawako:20191001112835j:plain

照れますわ

主人公が心のささえになった、とエリオットは言ってくれるけど、主人公からしてもエリオットが心のささえになっていましたよ。

f:id:awawako:20191001113007j:plain

ファ~オ

f:id:awawako:20191001113029j:plain

伝説の魚やん

f:id:awawako:20191001113049j:plain

二人でかえってきた二人の場所

スターデューバレーをずっと「ふるさと」だとは思わなかったエリオットが、主人公と心を通わせるうちにやっと谷を「ふるさと」と呼べるようになる。

それはエリオットの人生がスターデューバレーに根付いたことを意味しているのでしょう。枯れそうになっていた花は、再び息を吹き返し、地に根付き、新たな次の花を咲かせる。人と交わることで人生がより良いものになっていく。なんてすばらしいことなんでしょう。

おまけ

ここからはすこし気になることメモ。

f:id:awawako:20191001113533j:plain

ドアにキノコ

エリオットは確かキノコが嫌いなはずでしたが、彼の家のドアに描かれているのはまさしくキノコ。あ、でも赤キノコはもしかしたら平気だよというメッセージなのかな。

最初にこれを見たときは「彼、誰かにいやがらせされてるんじゃ…」とイタズラで落書きされたのかと思ってしまいました。真相はわかりませんが…。

f:id:awawako:20191001113718j:plain

髪の毛のことかー!

エリオット以外の住人とも仲良くなってみようとうろうろしているときにこのセリフで、思わずドキッとしてしまいました。この前のときに「起きたときにいつも髪の毛が信じられないくらいめちゃくちゃになっている」と言っていたので、髪の毛のことなんだと思います…。なんならみつあみしてあげようか。

 

こちらは

無気力男子メーカー

https://picrew.me/share?cd=WqzFMX7DLm

で作成したエリオットです♡

f:id:awawako:20191001113938p:plain

恋人フィルターってやつですね!

 

さて、結婚相手はまだじっくり時間をかけて(みんなと仲良くなってから)決めたいとは思っているんですが、エリオットを結婚相手として考えたときに「エリオットには海辺にいてほしい」と思ってしまうんですよね。ひどいでしょうか。

海辺にいていつも仲良くしていた人が、そこからいなくなってしまうのが淋しいというか…。私自身が変化を好まない性格のせいなのか。それを言ったらほかの誰とも結婚なんてできないんですけどね。

とりあえずウサギの足持って他の人とも仲良くなってみます