日めくりインドア女子

ゲームや漫画、ドラマやコンビニスイーツなどに関するインドア女子の記録

お笑いコンビEXITへの感情が「嫌い」から「好き」に変わるまで

きっかけは丸の内サディススティック

最近、寝る前にタブレット端末で動画を見るのがルーティンになっています。

その日もいつも通りYouTubeで登録チャンネルの新着動画を見終わって「おすすめ動画」のサムネイルを眺めていました。

いくつかザッピングしたあと目にとまったのは、男性コンビ芸人のEXITが「丸の内サディスティック」を歌唱している動画。


【歌ってみた】 丸の内サディスティック-椎名林檎 covered by EXIT

 

私はEXITのことをほとんど知らなかったので、

「最近よくネットニュースにされているお笑いコンビだよね。チャラ男みたいな。どんな感じで歌ってるんだろう?」

と、軽い気持ちでその歌ってみた動画を再生してみたのです。

 

そして打ちのめされました。

 

原曲キーなんですよ。

男性が歌うにしては高いキーなの。最初のフレーズからめちゃ高いの。

出だしで「けっこうやるね」となりました。何目線。

 

そして、二人とも声がいい。

 

丸の内サディスティックって、オリジナルを聴くのはもちろん、自分で歌うのも、誰かが歌うのを聴くのもすごいたのしい曲なんですよ。

チャラついた男性がカラオケとかで歌いそうな丸の内サディスティック。めっちゃ良い。結局最後までじっくり聴いてしまいました。

この動画が引き金となってEXITに興味を持った私は、次々と彼らの動画を見ました。

 

想像していたチャラ男ではなかった

EXIT Charannel(チャンネルではなくチャランネルなんですね、チャラついてます)の動画で二人が話しているのを見て、私が勝手に抱いていた「チャラ男でパリピキャラ」が崩壊していきました。


【奇跡降臨】目隠しでうまい棒を食リポ!何の味か当てられるのか?【前編】

まず、かねちことピンク髪の兼近大樹さんが、相方の中島臨太朗を「りんたろーさん」とさん付けで呼び、敬語を使ってるんですね。それもガチガチの丁寧語ではなく、自然に相手を敬っている感じで。

そして相方のりんたろー。さんはかねちーよりも少し年上の先輩だということも動画の随所でわかります。かといって上下関係がこれまたガチガチではなくて、りんたろーさんはまるでお兄さんか父親のように相方を優しく見守っている感じで。

EXITはキャラ付けでチャラ男ですが、その仮面をあっさりと付け外しながら自然体なところが多く、親近感を抱くまでにそう時間はかかりませんでした。

 

だいぶ誤解していた

EXITの二人がチャラ男ではなく普通の人なんだ、というところから「普通というより、めちゃくちゃ良い人なのでは?」という認識に変わり始めたきっかけが、この動画です。


【質問コーナー】チャラ男なんで何でも答えます。

視聴者からの質問にEXITの二人が答えるというもの。

「プレゼントでうれしいものは何か?」という質問に、

「基本は要らない」と答える兼近さん。

りんたろーさんは「アロマディフューザーとかAmazonカードとか…」と考えますが、兼近さんは「そんなの自分で金稼いでるんだから自分で買えばいいじゃん」とバッサリ。

プレゼントにかけるお金があったら、自分自身のために使ってほしいという姿勢を崩しません。

ストイックなまでのかねちの物欲のなさ。思いやり。

私はだいぶ誤解していました。

EXITチャランネルを見るまでの私はEXITに対して「週刊文春」で報じられた「逮捕歴がある悪い人」のイメージしか持っていませんでした。ネットニュースで見かけた情報や、SNSや掲示板で書かれている情報だけをうのみにしていたんです。

二人のうちどっちがどっちともわからないし、知ろうともしませんでした。

でも、本人たちが自ら発信している情報を見て、認識をあらためました。

あらためるどころか、今や尊敬しています。むしろ動画を漁って見れば見るほど大好きになってしまいました。振れ幅やばい。

 

EXITの奥深さ

兼近さんの犯罪歴が週刊文春で報じられたことや、これからのことについてEXITが話している動画がありました。

【神回】EXITさんが過去と未来を全て話してくれました

お嬢様お笑い芸人のたかまつななさんが配信しているYouTubeのチャンネルでアップされている動画です。

こちらの内容は記事としても上げられています。

www.shoukasonjuku.com

このたかまつななさんによるインタビューや、ほかの動画などで本人が語ったことからわかったことがいくつかありました。

兼近さんは留置所で当時の友人から又吉直樹さんの本を差し入れしてもらって、初めて自分で本を読んで面白いと思ったそうです。

そのときに読んだ作品がこの二冊とのこと。 

まさかジープで来るとは (幻冬舎文庫)

まさかジープで来るとは (幻冬舎文庫)

 

どちらも1ページにひとつの自由律俳句が書かれているもので、当時「自分は一般的な人とはズレた世界にいるんだ」と思っていた兼近さんは「こんなにズレた世界の人が書くことに共感できる驚き」を感じ、面白いと思ったそうです。

そして生まれた環境から抜け出せることに気づき、お笑い芸人を目指したと。

コンビ名「EXIT」は、「辛いことのはけ口」「日常の辛いストレスからEXIT」という意味だそうです*1

こんな純粋にお笑いやる人なんているんですね……。それを私はずっと曇った眼でしか見ていなかった……反省してます。

そして、かねちの過去を知りながらも二人で頑張っていこうと決めたりんたろーさん。りんたろーさんはあらゆる動画に優しさがにじみ出ています。

特にかねち誕生日に書いた手紙では「当時腐っていた俺を暗闇から救い出してくれてありがとう*2」と書いていて、どっちが上とか本当になくて、二人が支えあってEXITなんだな……と見ていて涙してしまいました。

 

兼近さんというパイプ

かねちを見ていて、思い出したはてなの名文があります。

luvlife.hatenablog.com

それで、この「低学歴の世界」を、そうじゃない違う世界と切り離さないで、って思った。

(特定のブログの人にじゃなくて、不特定多数に向けて、です)

どこかでパイプ繋げて。

それじゃないと、いつまでも、ちゃんとした世界に入れなくて、この世界に取り残される人がたくさんいる気がした。

かねちはかねてから、子供たちに大切なのは「教育」だとし、「低学歴の世界」の人間がそこじゃない世界に気づいて抜け出すにはどうしたらいいか、というのを考えているように見えます。

自分はその世界にいたからこそ、そこにいる人たちに響くことができるはず、という強い信念も感じます。

そんなかねちは、上のひきこもり女子いろいろえっちさんの言うところの「パイプ」なんだ、と。

違う世界があるんだ、抜け出すことができるんだ、と「出口」を気づかせてくれるパイプですよね。

よしもと男前ランキング2019第1位というルックスを持ち、歌もうまくてお笑いもできて優しくてストイック。お酒も昔はめちゃくちゃ飲めたけど、そういう娯楽はもういいかなとすっぱりやめるほど。そんな芸人が日々頑張ってるって考えるだけで元気もらえます。ただ忙しすぎて身体壊さないかだけが心配です。

 

ちなみについ先日、2020年7月20日によしもと唯一の公式ファンクラブも発足しています。

prtimes.jp

月額400円+税で、さまざまなコンテンツが楽しめるようです。

よし入ったろ!と思ったんですが、今日って29日じゃないですか。いや知らんがなって思うでしょうがこれ書いているのが7月29日なんですね。そしたら今月残り2日しかないですよね。月額なので8月になったら入会しようかなと思っています。

これだけ笑いと感動をもらったのに本当にごめんなさい。来月になったらすぐに入りますので。

というわけでEXITチャランネル、面白くておすすめです。大好きです。

www.youtube.com

動画の編集はかねちのルームメイト、芸人仲間でもあるもっちーさんという方がやってらっしゃるんですが、テロップがすごく面白いんですよ。本当に絶妙なタイミングでテロップのツッコミが入って、相乗効果で笑いを重ねていく感じが最高です。