日めくりインドア女子

ゲームや漫画、ドラマやコンビニスイーツなどに関するインドア女子の記録

「半分、青い。」で疲れた人にこそ見てほしい映画「帝一の國」

Amazonプライムビデオで映画「帝一の國(ていいちのくに)」を見ました。

何気なく見てみたのですが、あまりに面白くてビックリしました。以下、ネタバレなしの感想です。

帝一の國

帝一の國

 

朝ドラ「半分、青い。」の出演者が続々

「帝一の國」は今の朝ドラ視聴者にこそおすすめです。

なぜかというと、「半分青い」の出演者がたくさん出てくるからです。

具体的には

半分青いで主役の鈴愛(スズメ)を演じている永野芽郁さん

ボクテ役の志尊淳さん

涼ちゃんさん役の間宮祥太朗さん

この3人が「帝一の國」でわりと重要な役どころを演じているのです。

さらに朝ドラを見ている方に伝えたいこと!

「帝一の國」の永野芽郁さんはとても可愛いです!

「半分、青い。」の鈴愛と同じ人とは思えないくらいですよ。

永野芽郁さんのイメージが浄化された

正直、この映画を見るまでは不安でした。

だってあまりに永野芽郁さんに「半分、青い。」スズメのイメージが根強く付いてしまったから。

ヒロインの不愉快度でいえば「半分青い」は「まれ」をあっさり超えています。他の作品で永野芽郁さんという女優をそもそも見たことがなかったので、わたしの中で永野芽郁さん=スズメのイメージが固定されつつあったんです。

このままでは役者自身を嫌いになってしまいそう……という寸前でした。でも「帝一の國」を見てハッキリしました。悪いのは役者さんではない。そりゃ確かに、スズメはボソボソ喋るか声をひっくり返して怒鳴るかの2パターンくらいしかセリフ回しできないし、表情もいつもふてくされていてまったく可愛げがないけれど、それをすべて演技力のせいとは言い難い、と思ったのです。

永野芽郁さんが「帝一の國」で演じているのは白鳥美美子というお嬢様の役。

美美子はまず服装がちゃんとしています(お嬢様だからね)

言葉遣いも丁寧で可憐です(お嬢様そだちだから)

若干のアクションシーンもあります(男気溢れるアクションです)

エンドロールではかわいらしいダンスも披露しています(ゆるい踊りがかわいい)

すべてが、スズメとはまるで違います。

スズメは見ているだけでイラっとしてくるけど、美美子は本当にかわいい。

他の「半青」キャストもすばらしい

「半分青い」でボクテ役の志尊淳さんは、「帝一の國」で主人公の帝一をサポートする光明を演じています。光明はとても女性らしいというか、平たく言えばボクテとそう変わらないような女性的男性です。志尊淳さんはNHKの他のドラマでもそういう役どころでしたよね。声質が甘い感じでルックスが女性顔なのでそういう役が集まるのでしょうか。

そして「半青」で涼次ことリョウチャンサン役の間宮祥太朗さん

個人的には永野芽郁さんと同じく、朝ドラで初めて見た役者さんだったので間宮祥太朗さんの演技力にこれまた驚きました。

涼次のときも上手でしたけど、間宮さんは声が素晴らしいですね。大声で叫ぶときに芯が通っていて、すごくかっこいいです。

とにかくテンポが良いコメディー映画

「帝一の國」は生徒会長を目指す熱い青春(政治?)ものでありながら、テンポがとてもいいです。菅田将暉さんの熱演もよかった。菅田将暉さんは表情がクルクルとよく動くので見ごたえがあります。 規律的な男子校を演出する「学ラン・揃った全員の動き」も見ていて気持ちよかったです。

笑えるポイントはいくつかありましたが、とくにお気に入りは菅田将暉さん演じる帝一が父親の吉田鋼太郎さんと模擬試験の結果発表をするところです。漫画的でありながらも(原作が漫画だから当たり前なんですが)二人の演技力で持っていく感じが最高でした。

それから帝一が美美子と密会するときのド派手な私服も面白かったです。変装だったんでしょうかあれは。映画だと小ネタが拾いきれないところがあるので原作だとそのあたりも触れられているのかが気になります。

▼原作は漫画。こちらは未読でした。

Amazonプライムで何気なく見たものが面白いとすごい得した気持ちになるのは私だけではないはず。今月から「シン・ゴジラ」や「ラ・ラ・ランド」も見れるようになってますます楽しんでいます。 

▼まずは30日間のお試しからどうぞ!

1977年のテレビドラマ「岸辺のアルバム」が凄まじい

先日登録してみた動画配信サービスParavi。

「アンナチュラル」見たさにParaviの無料体験を始めました - 日めくりインドア女子

アンナチュラル、評判通りとても面白かったです。ドキドキハラハラするし、役者の演技も見ごたえがあるし、米津玄師の歌も最高に合ってる。

面白すぎるから少しずつ見ようと思っていましたが、勢いが止められず3日くらいで見終わってしまいました。

次に何を見ようかな、とラインナップをながめていて目に留まったのが「岸辺のアルバム」

山田太一脚本による不朽の名作ドラマといわれている「岸辺のアルバム」。名前だけは聞いたことがありました。

まさか動画配信サービスで見られるとは。アプリの使い勝手はいまいちですが、Paraviなかなかすごいです。

ドラマ「岸辺のアルバム」の概要

1977年にTBSで放送されたテレビドラマ「岸辺のアルバム」は、全部で15話あります。

実際に1974年に起きた多摩川水害からヒントを得て、山田太一により描かれたドラマです。

ストーリーはざっくり言うと川沿いの一戸建てに住む4人家族がそれぞれに問題を抱えながら家庭が崩壊していくというもの。

田島家の父親は仕事人間、大学生の長女・律子は英語かぶれ、大学受験を控えた高校生の繁は勉強があまり得意ではありません。八千草薫演じる母親は、家族がなかなか帰ってこずにろくに話もできないことを寂しく思っています。そんな折に「浮気のお誘いです」と謎の電話(イケボ)が……。というお話。

ドラマは1977年6月から放送されましたが、同年5月には脚本の山田太一による原作小説が出版されています。

40年前の日本文化に驚く

「岸辺のアルバム」を見始めてまず驚いたのが、今とは異なる文化です。

例えば、田島家の長である父親は商社に勤めていますが、オフィス内の自席で堂々とたばこを吸っています。仕事の会議中はもちろん、外で喫茶店に入ってもまずたばこ、避難所の中学校でもたばこ。どこでもおかまないなしに喫煙しています。

分煙化が進んでいる今では考えられないことだよなぁ、と驚いてしまいました。

そもそも最近のドラマのなかで意味もなくたばこを吸うシーン自体、あまり見かけないですよね。

次に興味深かったのが、田島家長男の繁(しげる)が出会う女性のアルバイト先です。

その女性(通称アイシュウ)は風吹ジュンが演じています。彼女が働くお店はなんとモスバーガー。40年前からあったんですねモスバーガー。

繁はしょっちゅうモスシェイクを注文していました。おいしいですよね。モスシェイク。

アイシュウの髪の毛がワンレングスのロングでバイト中に髪を決してまとめないのもまた衝撃でした。ゆるい時代だったんでしょうか。

 

家族のすれちがいを見事に描き出す

「岸辺のアルバム」でとくに見事だったシーンが、第4話にある食事風景です。

子供たちによる食事のしたく

いつも仕事で遅くにしか帰らない父親が珍しく早く帰宅し、久しぶりに一家だんらんで夕食がとれることになった田島家。

夕食前、父親の連絡を受けたのは息子の繁。母親はちょうど買い物に出ていて不在でした。このとき母親は父親をのぞく3人分、もしくはそれよりすくない人数分の夕食を買いに行っています。もう大きい子供たちがかならず夕飯を食べに帰ってくるとは限らないからです。

そこで繁は、父親が居る珍しい夕食のためにお寿司を取り、茶わん蒸しを作り始めます。

その茶わん蒸しをつくっているところに姉の律子が帰宅。

「あんた何やってんの? こんなに暑いのに茶わん蒸しなんておかしいわよ。男がはしゃいで茶わん蒸しなんてつくっちゃって、変よ」

 と、インテリぶった(というより実際に秀才な)口調でまくしたて、繁はへそを曲げてしまいます。

繁は

「それなら姉ちゃんがつくれよ。お高いくせに茶わん蒸しもつくれないのかよ。絶対つくれよな」と応戦。

家事をしなれない律子が味の調整に失敗して茶わん蒸しならぬ大量の「どんぶり蒸し」ができた頃に、家族が食卓にそろいます。

お寿司が特上だった問題

めずらしく4人そろっての夕食ですが、父親は不機嫌顔です。家族には言っていませんが、仕事の調子があまりよくないのです。家族のためというよりは、仕事で参って早く帰宅した父。

そんなことは知る由もない繁は、「せっかく特上のお寿司を取ったんだからもっと食べてよ」とすすめます。

「特上の……お寿司?」と驚く父母。特上のお寿司なんていままで取ったことがありません。 

繁が言うには「一人前だけ頼むのに安いのでは申し訳ないと思ったから特上にした。だけど一人前では出前してくれないっていうから二人前にした」と。

父親が怒り始めます。

「なら、自分で取りに行けばよかったじゃないか」

「だって、家には僕ひとりだったんだもん」

「だいたい、夕食に2000円以上も使うなんてどうかしている! 家で飯でも炊けばいいじゃないか」

「あらお父さん、普段は2000円どころか、200円も使っていないわ」

……せっかくのだんらんが大荒れです。

しまいには繁が言った「きまぐれで早く帰ってきてそんな言い方はないじゃないか」という言葉に激怒する父。

「きまぐれ? 仕事をきまぐれでやってるとでも思ってるのか!」と、大声で怒鳴り、律子は泣き始め、一家そろっての夕食風景は最悪の雰囲気に。

こういうことってよくある

誰かが誰かによかれと思ってしたことが、うまくいかずに相手の怒りを買ってしまう。こういうことってよくあるんじゃないでしょうか。

うまくいかない原因はそもそも経験だったり知識不足だったり。

ここでは繁が特上のお寿司をとってしまったことがほころびのきっかけですが、それに父親が激怒したのは「会社でうまくいっていない」という個人的背景のせいでもあります。田島家の父親にとっての仕事は、家族を食べさせていくためであり、彼自身のアイデンティティにも直結しています。

もし繁の失敗を笑って許せるくらいの余裕があれば、一家だんらんで楽しく食事ができたかもしれません。かといって父親だけが悪者かというとそうではないだろうし……。

 

先日亡くなられた津川雅彦さんも出演

「岸辺のアルバム」には、先日お亡くなりになった津川雅彦さんも出演しています。

繁の高校教師として出演しているのですが、すこしアングラというか、真面目一辺倒ではなく酸いも甘いも経験した大人の男性を魅力的に演じてらっしゃいました。

教師として頼りがいがあって、個人的に心配してくれるけど詮索しすぎず、いざというときに助けてくれる。ある意味理想の教師ともいえますね。なによりめちゃくちゃカッコイイ。そんな男前の津川さんを見ていた最中だったので、訃報を知りとても悲しいです。

 

家族とは何か。幸せとはなにか。

最後は河川の氾濫によって家が流されてしまう田島家ですが、家を失うときにそれぞれの「大切なもの」がはっきりします。

父親は「アルバム」。家族の記録。心がすれちがっているときでさえも、岸辺で撮り続けた家族写真。

しかし母親はそれを聞いて異論を唱えます。

「あなたが見ているのは現実のわたしや律子、繁じゃないんだわ。アルバムのなかの家族だけ」と。

それでも、最終的に家からアルバムを持ち出すように繁に言うのですが、ちょっとここがわからなかったです。夫に言いたいことを言ってスッキリしたからでしょうか。最終話、もういちど見直してみようかな…。

ドラマの中盤あたりまでは浮気がばれるかどうかでドキドキして、後半からは露わになってしまった家族の問題に向き合う姿が描かれていて考えさせられました。何より、ドラマとして見ごたえがあり、非常に面白かったです。

「アンナチュラル」見たさにParaviの無料体験を始めました

2018年1月から3月までTBSで放送されたドラマ「アンナチュラル」

リアルタイムでは見れなかったんですが、放送が終わってからも評判の良さが「ちょっと気にはなっている」程度の私にまで聞こえてくるほどだったので、見たい気持ちが高まってきました。

「アンナチュラル」が配信されているParavi

2018年7月16日現在、「アンナチュラル」はParaviで無料配信されています。

Paravi(パラビ) - ドラマやバラエティなどが楽しめる動画配信サービス

ParaviはTBSやテレビ東京の番組が主に配信されいるサービスです。2018年4月から開始されたそうなのでまだ新しいサービスですね。

ベーシックプランだと月額925円(税抜)。

登録月は無料になるので、まずは無料で使ってみることができます。

Paravi無料お試し期間の注意点

Paraviを無料体験するにあたって注意したいのが、登録した日より30日間無料ではないということです。

無料体験できるのは、登録月の末日まで

例として7月1日に登録しても、7月15日に登録しても無料期限は7月31日までになります。

月の始めに登録したほうがより長く無料体験できますね。

お試し期間のみで終了する場合は、無料期間内に

「アカウント情報」→「契約プランの解除」を行う必要があります。

評判通り完成度が高い「アンナチュラル」

「アンナチュラル」は全10話。

今のところ2話まで視聴したのですが、ドラマとしての完成度がとても高いと感じています。

動きながらポンポンと台詞をやり取りする一方、モノローグはほとんどなし。

見ながら視覚と聴覚をフルに使う感じが心地よいです。

Paraviの無料体験中に一気に見ようと思っていたのですが、すぐ全部見てしまうのはもったいないほど面白いです。

じっくりと腰を落ち着けて最終話まで楽しみたいと思います。

寝不足必至。ゲーム・オブ・スローンズがAmazonプライムビデオで見れるようになってた…

こんにちは。夜更かし続きのあわわこです。

寝不足しながらなぜ深夜まで起きているかというと、Amazonプライムビデオである海外ドラマを見ているからです。

それは、ゲーム・オブ・スローンズ

 

ずっと気になっていた海外ドラマ

スポンサーリンク  

以前より、あちこちで「ゲーム・オブ・スローンズ」が面白いと評されているのを見てとても気になっていました。

ゲームオブスローンズは長らくHuluでの独占配信となっていたんですが、すこし前よりAmazonプライムビデオでも見れるようになりました。現在無料で見れるのはシーズン6まで、最新はシーズン7までありますがそれでも十分です。

それで早速見てみたんですけど……

なんですかこれ?

思わずそう呟いてしまうほど驚きました。

わたしが知ってる「ドラマ」とはまったく規模がちがう。

壮大な世界観。

美麗な景色。

濃密な人間描写。

一言でいうなら「最高」です。

噂にたがわぬほどの目くるめく映像体験がそこにありました。

 

ネタバレに気を付けつつ楽しむ

ゲーム・オブ・スローンズの各エピソードはおよそ1時間。

1シーズンは10話のエピソードからなるようです。

まだシーズン2の途中までしか観ていないのですが、それだけでもかなり長い旅をしてきたような気分。

1話につき1時間近くというと決して短くはない時間ですが、とにかく登場人物が多く場面もよく切り替わるので中だるみがほとんどありません。

逆に、人物の判別がつかないうちに話が進んでついていけないことも。シーズン2のロバート・バラシオン王の弟たちであるスタニスとレンリーがクローズアップされるあたりでは「誰だったっけ?」と思わず検索してしまいました。

▼この御仁。シーズン1ではあまり注視していなかったので忘れてました。

f:id:awawako:20180212140406p:plain

引用元:スタニス・バラシオン | ゲームオブスローンズ Wiki | FANDOM powered by Wikia

ゲーム・オブ・スローンズ、人気ドラマだけあってWikiなどのファンサイトもかなり充実してるんですよね。ただ、軽い気持ちで調べてしまうと「死因」などもばっちり書かれているのでネタバレを避けたい場合には細心の注意をしながらネットをみないといけませんね。

 

わたしなりの視聴スタイル

これから毎日の楽しみがまだまだあるかと思うと、Amazonプライムに入っていてよかった!毎日しあわせ!という気持ちがあふれてきます。

ちなみに見るときには深夜。ベッドのなかでイヤホンをつないだタブレット端末で見ています。たいがい仰向けなので端末を持つ腕が若干ふるえますが、周りが真っ暗で視界には画面だけが映るので、没入感が半端ないです。

目や耳にはあまりよくないかもですね。翌朝の疲れも半端ないです。

ゲームオブスローンズは先日購入したスカイリムにも通じるところが多く、相乗効果で個人的にかなり盛り上がってます。

▼ダンジョンは怖くてまだいけないけど…

www.indoor-joshi.com

ゲーム・オブ・スローンズといえば、原作小説もかなり面白いと評判のようです。そちらもドラマを見たら読んでみたいなと思っています。

▼無料ビデオ以外にも特典が多いのでおすすめです♡

Amazonプライムビデオの30日間無料体験を試してみる

ひよっこロスに効く新ドラマ「ユニバーサル広告社」

2017年秋の新ドラマが続々と始まりましたね。

いろいろ見てますが、なかでもイチオシなのがテレビ東京(金曜20時)の「ユニバーサル広告社」です!

「ひよっこロス」に効く!

スポンサーリンク  

新ドラマ「ユニバーサル広告社」のキャストとスタッフを見て気づくのが、9月に放送が終了したNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」との共通点です。

脚本:岡田惠和(ひよっこ脚本)

主演:沢村一樹(ひよっこのお父ちゃん)

に加えて、和久井映見(ひよっこの愛子さん)、三宅裕司(ひよっこの和菓子屋)、やついいちろう(ひよっこのシェフ見習い)などなど、かなり「ひよっこ」感あふれる豪華メンバーとなっています。

実はわたしも気がついたら結構なひよっこロスに陥っていまして、毎朝わりと切ない気持ちだったのですがこのドラマを見たらすごく元気がでました。

 

テレ東が映らなくても大丈夫!

テレビ東京というと映らない地域もわりとありますが、「ユニバーサル広告社」は無料の見逃し配信があるので安心です。

公式サイト(金曜ドラマ8時「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」:テレビ東京)より、本放送から1週間程度見ることができます。

スマートフォンやタブレットの場合は「ネットもテレ東」か「GYAO」の公式アプリをインストールすると見れました。

 

「ユニバーサル広告社」の原作

 原作は荻原浩の花のさくら通り (集英社文庫)。「ユニバーサル広告社」シリーズとしては三作目だそうです。それを受けて、ドラマの冒頭でも過去の紆余曲折がリズミカルに描かれていました。

心があたたかくなるようなヒューマンドラマ

人よりも猫が多いようなシャッター街の「さくら通り」に引っ越してきた「ユニバーサル広告社」。
さくら通りの人々との交流はもちろん、広告が街や人をどのように変えていくのかが楽しみです。第1話では「ユニバーサル広告社」が持つ力が丁寧に描き出されていて、それに感動するさくら(和久井映見)と共に、見ているこちら側の気持ちも動かされる素晴らしい体験ができました。

 

今週のお題「私の癒やし」♪良質なドラマはまさに癒しですなぁ…

「ゆとりですがなにか」SPドラマ前編は7月2日放送!Huluでは山岸のスピンオフも

2016年4月から日本テレビで放送された「ゆとりですがなにか」。

脚本がクドカンこと宮藤官九郎、出演が岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥という豪華な顔ぶれのみならず、毎週笑えて考えさせられるとても面白いドラマでした。

それがスペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」になって帰ってきます。SPドラマは二週連続で、7月2日と7月9日、夜22:30より放送されます。

▼ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編公式サイト

www.ntv.co.jp

 

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編の見どころ

スポンサーリンク  

今回のSPドラマでは、松坂桃李さん演じる山路(やまじ)が故郷で初恋の女性と再会するらしいです。初恋の女性を演じるのは蒼井優さん。クドカンドラマでおなじみの女優さんですね。

蒼井優&清野菜名、2週連続放送『ゆとりですがなにか』SP出演へ 蒼井「とても嬉しかったです」 - ニュースパス

山路のふるさとは福島県という設定で、ロケも実際に福島県郡山市で行われたようです。

ちなみに、山路が初恋の人と再会するお店はダイユーエイト郡山インター店。蒼井優さんがダイユーエイトの制服を着ているシーンもあるみたいです。

山路のみならず、坂間(岡田将生)、まりぶ(柳楽優弥)も合流して福島でロケをして、1年ぶりの再会を楽しんだとか。

また、蒼井優さんは映画「フラガール」で福島訛り演技の経験があったものの、今回の「ゆとりですがなにかSP」とは時代設定が違うために微妙に訛りの感じを変えたそうです。

 

「ゆとりモンスター」山岸のスピンオフはHuluにて配信 

ドラマ本編で坂間っちを何度もピンチに陥れた「ゆとりモンスター」こと山岸(太賀)。強烈ながらも憎めないキャラクターが魅力的でした。その山岸のスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」が、「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」の放送と連動してHuluで配信されるそうです。

▼山岸ですがなにか 公式ページ

www.ntv.co.jp

脚本は本編と同じく宮藤官九郎。1回15分ということで「コント作家のような気分で全編スタバで書き上げた」そうです。また山岸の強烈なキャラクターが楽しめるかと思うとHuluに入らざるを得ない気がしています。

「山岸ですがなにか」は7月2日から4週にわたって配信予定です。Huluの初回お試しは2週間なので、無料期間内に見たい場合には時期を調整したほうがよさそうですね。

 

おわりに

初恋の人と再会する山路のほかにも、実家の酒蔵をついだ坂間っち&茜ちゃん夫妻や、11浪目にして大学入学したまりぶのその後も楽しみです。

 

日曜夜22時半から、忘れないように視聴したいと思います!

【ドラマ語り】「あなたのことはそれほど」の明るすぎる不倫には恋心が足りない

いくえみ綾の漫画を原作にしたドラマ「あなたのことはそれほど」が各方面で話題になっているのが気になって第4話から見てみました。原作は未読です。

www.tbs.co.jp

続きを読む

今日からスタート!NHK朝ドラ「ひよっこ」第1話の感想と銀杏BOYZ峯田和博への期待

今日から始まった朝の連続テレビ小説「ひよっこ」。

「ちゅらさん」や「泣くな、はらちゃん」の岡田恵和脚本とあって、とても楽しみにしていました。第1話を見た感想と、これからの期待です。

www.nhk.or.jp

続きを読む

カルテット最終話から学ぶ、大人になってから親友をつくる方法

2017年1月期ドラマ「カルテット」の最終話が昨晩放送されました。

www.tbs.co.jp

最終的に、大人の恋もサスペンス要素も「グレー」のままドーナツホールの四人が仲良しこよしで終わる、というものでした。

そうやって「日常」を大切にする描写こそが坂元裕二脚本の長所なのでしょう。

それにしても大人四人が友情を築き、深め合い、許し合うということはなかなか現実にできることではありません。子ども時代や学生時代を過ぎると、「友達をつくる」ということのハードルがぐんと高くなります。

そこで、ドラマを通して明示された「大人が友情を築くために有効なステップ」について考えてみたいと思います。

続きを読む

恋人でいたかった夫、家族になりたかった妻。カルテット第6話ネタバレ感想

火曜ドラマカルテット第6話が放送されました。

第二章に突入。巻夫婦のお話がメインでした。

ネタバレと共に感想を書いていきます。

▼前回(第5話)のネタバレ感想はこちら 

www.indoor-joshi.com

続きを読む