日めくりインドア女子

いろいろかいてみる

【ミステリ小説】「ウォッチメイカー」ネタバレなし感想

今週のお題「読書の秋」にちなんで、一番最近読んだ本の感想です。

ミステリ小説ですので、ネタバレに関することはなしで書いていきますね。 

ジェフリー・ディーヴァー「ウォッチメイカー」

読んだのはジェフリー・ディーヴァー著「ウォッチメイカー」です。

この作者のものを読むのは初めてだったのですが、読んだきっかけが

▼こちらの記事

『スゴ本』中の人が選ぶ、あなたを夢中にして寝かせない「徹夜小説」5作品 - それどこ

で1番目に上がっていたからなんです。

 

読んでみた感想

実際に読んでみた感想なのですが、

「どうもこれはシリーズものっぽい?」という疑念がことあるごとに沸き上がってきてなかなか集中できませんでした。

というのも、「〇〇年前の事件が……」や「あのときの人物が……」などの描写が多く、主人公たちにまつわる人物紹介のエピソードなども最低限だし、チームの人間関係もすでにできあがってるという。

それでも最後まで読み進めてみると、解説のところにシリーズ7作目と書いてありました。

調べてみると、科学捜査官リンカーン・ライムシリーズだそうです。

1作目は「ボーン・コレクター」。映画化もされていましたね。わたしも以前に見たことがあるようなないような…。

ちなみにライムシリーズは今現在いちばん新しいものだと11作目となる「スキン・コレクター」で、日本では2015年に出版されています。

スポンサーリンク  

「シリーズものだとは知らずに読んでしまった」という個人的な驚きは別として、小説自体はなかなか面白かったです。

『ウォッチメイカー』という署名を残しながらむごたらしい殺人を繰り返す犯人と、それを捜査するリンカーン・ライム率いるチームの両方、さらには次の対象として狙われている人物の視点からも物語が進められていきます。

読者は読み進めていくうえで、ある「パターン」に気付く仕組みになっています。それもすべてきれいに回収されるというとてもスッキリするような読書体験でした。 

 

おわりに

「ウォッチメイカー」は主人公であるリンカーン・ライムや、彼のまわりの人たちも人物描写が細かく、シリーズの他の作品も気になりました。

次は1作目の「ボーン・コレクター」から読んでみようと思います。

シリーズものは人間関係の変化も楽しめますね