日めくりインドア女子

いろいろかいてみる

衝動買いしてしまったニンテンドーSwitchとゼルダのレビュー

こんにちは!

3月3日といえば、ひな祭り!そして!

Nintendo Switch発売~!

わたしは予約してなかったんですが、近所のゲオに行ったらスイッチ本体(グレー)が販売されていたので、つい買ってしまいました。

ソフトはゼルダの新作!

ニンテンドースイッチ本体開封の儀

f:id:awawako:20170303152902j:plain

さっそく本体を開けていきまーす! 

f:id:awawako:20170303153406j:plain

  • Switch本体
  • Joy Con(分離式コントローラー)2つ
  • 充電用ACアダプタ
  • スタンド
  • HDMIケーブル
  • Joy Con用グリップ
  • Joy Con用ストラップ 2つ

が入っていました。

説明書はなく、外箱のQRコードからオンラインでサポートサイトを参照するようです。

f:id:awawako:20170303153906j:plain

 

液晶フィルム貼り

本体を開封すると同時にする儀式といえば、液晶フィルム貼りですね。

今回購入したのはこれです。

この「おっ」シリーズ、前に3DSに貼ったときにすごく感動したんです。

貼る前にアタリがつけられてそれが固定できるし、ブルーライトカットながら画質も黄ばまない。

なのでSwitch用に出ているのをみて即決。

f:id:awawako:20170303154721j:plain

緊張しながらもピッタリ貼れました。

本当に貼りやすいです。

 

電源オン

本体にJoy ConとACアダプタを差し込んでみます。

f:id:awawako:20170303155006j:plain

電源が入りました。

ユーザーやネットワークを手順に従って設定します。

ちなみに「ユーザー」というのはてっきりニンテンドーネットワークアカウントのことかと思いきや、アイコンや名前を自由に選んで作れるものでした。

手に持ってみると、思ったより横長サイズです。

WiiUよりはだいぶ薄いです。

 

ソフトを入れてみる

本体のスロットにソフトを入れてみます。

f:id:awawako:20170303155841j:plain

ソフトのデータ更新が来ていたのでアップデート。

まずはスイッチ本体の画面で始めてみました。

f:id:awawako:20170303160029j:plain

めっちゃきれー!!

背景はリアル寄り、人物はアニメ寄りなグラフィックで、小さい画面ながらくっきりはっきり見えます。オープンワールドということもあり、操作していてすごく楽しいです。

ただ、本体画面だと文字がかなり小さく、自動であらわれる操作説明の文字もすっごく小さいです。テレビに映してプレイしてみることに。

 

モニターにつなぐには

ニンテンドースイッチをモニターで遊ぶには、HDMIケーブルとACアダプタをつないだスタンドに差し込む必要があります。

最初、ACアダプタを付けないままだったのでテレビに映らなくて焦りました。

f:id:awawako:20170303161428j:plain

本体付属のスタンドは、内部にケーブルやACアダプタ等のケーブルを仕込める仕組みになっていました。

f:id:awawako:20170303161449j:plain

フタを閉めるとスッキリします。これはいいですね。

f:id:awawako:20170303161830j:plain

テレビに映してみると、文字の小ささは気にならなくなりました。

 

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のセーブデータ可能数

 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのセーブデータは、スイッチ本体のユーザーごとに保存することができます。

ソフトを選択して遊び始めるときにユーザーを選ぶことができるので、そこで切り替えることになります。

ちなみにスイッチのユーザーは、本体1台につき8人まで登録できるようです。

▼ユーザーについての公式サイトによる説明ページ

www.nintendo.co.jp

 

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」プレイ感想

まだプレイし始めたばかりなので、できることが限られているものの、冒険している感が半端なくあって楽しいです。

リンゴを木に登って取ったり、岩壁をのぼってみたり、純粋に「あの先には何があるんだろう?」という好奇心が刺激されます。

道に落ちているものや敵からのドロップアイテムの説明を見ると「料理につかう」とも書いてあって、この先どんなことができるんだろう!とワクワクします。

グラフィックも本当に綺麗だし、ダンジョンの仕掛けで頭を使うし、かなり遊べそうで大満足です!

あと今回リンクが持っている「シーカーストーン」でいろいろするのがおサイフケータイみたいで最先端ぽさがあります。

スポンサーリンク  

 

あわせて買いたいものと、反省

まずはちょっと個人的な反省点。

f:id:awawako:20170303162905j:plain

今回、本体とともに購入したのがこの三点だったのですが、一番右のキャリー用タフポーチは今のところいらなかったかなーと思っています。

外に持ち出して遊ぶ場合は必要ですが、今のところ家のなかでしか遊ばないし、家でおいておく場所は本体付属のスタンドがありますので、用途に応じて買うべきだったと反省。

ちなみに遊んでみて新たに欲しいものも出てきました。

▼Joy Con ソフトカバー


Joy Con、手触りがかなりスベスベさらさらしているので、カバーがあったほうが安定しそう。

▼Nintendo Switch Proコントローラー


Switch専用コントローラー。Joy Conの充電を気にしなくていい、そもそもJoy Conを取り外さなくていい、グリップ感が良さそう。ただ、8000円近く、とお高いんですよね…。ソフトより高いというのがちょっと、、と悩んでいます。

あとはスタンドから外して家のなかで自由に遊ぶとき用に充電ACアダプタがもうひとつ欲しいなというところ、充電がどれくらい持つのか体感してからでもいいかなとは思っています。

 

おわりに

思わず衝動的に買ってしまったNintendo Switchでしたが、ゼルダも面白いし、新しくてワクワクするし、結果的に大満足です!

遊びすぎに注意ですね。
お読みいただきありがとうございました!