日めくりインドア女子

いろいろかいてみる

松田龍平さん演じる真面目男子の迷走と懐メロにみぞみぞ?火曜ドラマ【カルテット】第2話ネタバレ感想

坂元裕二脚本の火曜ドラマ「カルテット」第2話が放送されましたね!

早速振り返っていきたいと思います。

 ▼第1話の感想はこちら
 エンディングでめっちゃ鳥肌。坂元裕二脚本ドラマ【カルテット】第1話感想

別府節、炸裂

第2話は松田龍平さん演じる別府 司の出番が多かったですね。

いつものように同僚の結衣(菊池亜希子)とカラオケに行った司(松田龍平)。 そこで結衣から、「私、多分結婚する」と聞かされる。突然の結婚報告に、戸惑いを感じる司。
さらに結衣は、結婚式の際には司らカルテットに演奏をしてほしいと依頼する。

(引用元:あらすじ|TBSテレビ:火曜ドラマ『カルテット』

このあとで真紀(松たか子)にカラオケボックスで会ったのは偶然ではなかったこと、真紀が結婚する前からひそかに憧れてストーカーしていたことを告白して玉砕します。

そりゃそうですよね。

「五回目以降はストーカーです」と言われて心のシャッターを下ろさない女性はいませんよね。 

別府の「好きです。カラオケボックスで会ったのも偶然ではないです」と聞いたときの真紀の強張った表情ったら。心のシャッターが閉まる音が聞こえたような気がしました。

真紀は「『かなしい』よりもかなしいことって、知ってますか。『ぬかよろこび』です…」と悲しんでから、

「夫に捨てられた今ならいけるとでも思った? 捨てられた女、なめんな!

とシンクの台を叩いて激昂します。

スポンサーリンク
?

別府君は…まったく悪気がないというか、自分のなにが悪いのかさえ気が付かないような性格なんですよね。

それはレストラン「ノクターン」での楽屋でも描かれていました。

レストランの責任者、谷村(八木亜希子)が打ち合わせをしようと別府に近づいたときに、目の前にある光景をつい覗き込んでしまう別府。

「谷村さん」と言おうとして目の前の光景と混ざってしまうシーン。

f:id:awawako:20170124233828j:plain

先に差し入れでもらったポンカンがまたアクセントになっていましたね。

富澤たけしさんの存在も手伝って、サンドウィッチマンのコントを彷彿とさせる華麗なボケでした。

 

すずめの暗躍

別府と一緒にコンビニに行ったすずめ(満島ひかり)。道すがらした恋バナで、別府が真紀を好きなことを確認して、自分は家森が好きだと嘘を言います。すずめが別府を好きなのは演奏中にずっと別府の左手を見ていることや、コンビニで買ったアイス「どっちがいい?」と別府に聞かれて、思わず左手にあった『ロックンロールナッツ』を選んでいるところに恋心が隠れていました。やたらにアイスを買いに行きたがるふりをして別府をコンビニに誘うところも可愛らしい。

鏡子(もたいまさこ)とすずめが密会、といっても普通に喫茶店で会ってるのでバレバレな気もするのですが、第2話では何度か会って密告をしていました。それこそ、カラオケボックスで密談すればいいのにと思うのですが意外に見つからないものなんですね。

スポンサーリンク
?

第2話終盤では真紀に「すずめちゃん、ときどきお線香のにおいがしますね」と言われてドキリとするすずめ。鏡子がいつも線香を持ち歩いているんですよね。息子は真紀に殺されたものだと思い込んでいるから、線香を上げているのかな。

それにしてもすずめ役の満島ひかりさんが可愛くてたまらないです。いつもぶかぶかの服を着ていますが、公式サイトでのインタビューによると音楽をやっている知り合いに声をかけて、わざとサイズの合わないお下がりの服を着るようにしているらしいです。それが基本無頓着なすずめの役づくりにつながっているのでしょうね。

 

別府の迷走

真紀に拒絶された別府は、お酒の勢いで同僚の結衣と関係を持ってしまいます。

そして「結婚しましょう」と伝えるも、結衣は「それはないよ」とやんわり拒否。

ずっと別府のことを好きだった結衣なので、結婚前の思い出に、みたいなところがあったのかもしれません。

「わたしもずるいけど、別府君もずるいよ。でも、こうして寒い朝にベランダであたたかいラーメンを食べた、それが二人のクライマックスでいいじゃない」と諭されて、納得する別府。晴れ晴れとした顔で、結衣の結婚式にDoughnuts Holeとして最高の演奏をしようと吹っ切ります。

結衣の結婚式に別府がソロで演奏したのは、「アヴェ・マリア」…かと思いきや、途中で変化しSPEEDの「White Love」へ。White Love」は、二人がよくカラオケボックスで歌っていた思い出の曲でした。 

アヴェ・マリア

アヴェ・マリア

WHITE LOVE

WHITE LOVE

  • SPEED
  • J-Pop
  • ¥250

ちなみにですが二人がほかによく歌ってた「紅」で首にギプスのようなプラスチックをはめていたのは、YOSHIKIさんへのオマージュでしたね。 

紅 (シングルヴァージョン)

紅 (シングルヴァージョン)

  • X
  • ロック
  • ¥250

結衣の結婚式後にもDoughnuts Holeの四人で 「紅」で騒いでいたのが面白かったです。手を交差させて「Xジャンプ」をする三人に「それは違う曲だから」とツッコミをいれる別府もたまらないですね。

▼ちなみにXジャンプはこちらの曲 

X (Live Version)

X (Live Version)

  • X
  • ロック
  • ¥250

 

真紀と別府も一応和解

「できればこのあいだのことは忘れて、今まで通りカルテットの仲間としてお願いします」と切り出す別府に、真紀が笑って答えます。

別府が真紀の演奏を初めて聞いたときのこと。

文化祭で宇宙人のコスプレをしていた別府(全身銀色)の完全な一方通行かと思いきや「あのとき、宇宙人を見たわ」と、真紀は思い出したのです。

 

おわりに

三人がカラオケボックスで偶然を装って真紀に近づいたことのうち、すでにすずめと別府の理由が明かされました。わりと早い展開なので、その先の展開がまだまだあるのだろうなと期待できます。

第3話の予告では「ウルトラソウル」と書かれた黒い下着姿の家森の姿がありました。来週はB'zの曲にちなんだシーンがありそうですね。

それにしても、すずめちゃんの言う「みぞみぞ」って何なんでしょう。そのうち意味が明らかにされるのでしょうか。

 

「カルテット」の見逃し配信はTVer(ティーバー)で原則一週間見ることができますよ!

 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

 

お読みいただきありがとうございました。

▼第3話のネタバレ感想はこちらから読めます