日めくりインドア女子

いろいろかいてみる

切なくて可愛いけど怖い漫画「青野くんに触りたいから死にたい」

ものすごい漫画を読みました。

f:id:awawako:20171031162955j:plain

「青野くんに触りたいから死にたい」という漫画です。

現在2巻までコミックスが発売されていて、アフタヌーンで連載が続いています。

1巻の帯にもありますが、アフタヌーン公式ウェブサイトで公開されている第1話の閲覧数は30万PVにものぼったそうです。わたしも、まずは第1話を…と思って見てみたらぐんぐん引き込まれてコミックスを即買いしてしまいました。おそるべし吸引力。

▼第1話と第2話のためしよみができるアフタヌーン公式サイト

afternoon.moae.jp

胸キュンラブコメとホラーのコントラスト

スポンサーリンク  

男性経験皆無(だけど自称助平)な優里ちゃんの恋人・青野くんは、付き合って早々に死んでしまいます。どうしても青野くんに会いたいとカッターを手に取ったとき、優里ちゃんの前にあらわれた青野君は幽霊になっていました。

会えたことはうれしいけれど、幽霊だから触りたくても触れない。心を通わせれば通わせるほど、互いに「触れることができない」という事実が浮き彫りになっていくのが切ないです。一緒にいればいるほど、生者である優里と死者である青野の違いがくっきりと分かれてしまうんですよね…。

しかし、青野くんがあるとき「優里のなかに入ってしまった」ことから事態はただの人間×ユーレイのほのぼのラブコメから一変します。優里に憑依したことはまったく覚えていない青野くんでしたが、そのあとも不可思議なことが続き、何度も血が流れる事態に。

怖い描写も多いのですがそれでも見てしまうのは、優里ちゃんがあまりに一途に青野くんのことを想っているからなんです。ホラー描写をはさみながらも合間のギャグに癒され、優里ちゃんを応援して見届けたくなります。

 

謎が多く、何度も読み返したくなる

青野くんの存在には謎が多いです。「忘れた、覚えていない」という青野くんの言葉をどこまで信じればいいのか、ときどき黒い目をしてこわいことを言う青野くんは一体何なのか。そして、優里のなかに青野くんがはいっているあいだに、優里が見ている場所はどこなのか…。

2巻では優里と青野くんだけではなく他の人も巻き込んで、どんどん深みにはまっていくなかで一体どうなってしまうのか…!!とアフタヌーンを購読してしまいそうな勢いです。

幽霊が出てくるお話を読むと、たいていは「生きている人間がいちばんこわい」という結論に行きつくことが多いのですが、この漫画を読むと「生死にかかわらず、目的がわからない存在がなんらかの危害を加えてくるのがめっちゃこわい」と思ってしまいます。

ホラー成分がお好きでしたら、ぜひ公式サイトから試し読みをどうぞ。

レトロな少女漫画風の見た目もまたツボです!