日めくりインドア女子

いろいろかいてみる

「青野くんに触りたいから死にたい」を考察したい

4月23日に発売された
「青野くんに触りたいから死にたい」3巻を読みました。

前に書いた2巻までの感想が▼こちら

切なくて可愛いけど怖い漫画「青野くんに触りたいから死にたい」 - 日めくりインドア女子

ですが、3巻+アフタヌーン最新号まで読んだ今では感じかたが変わってきています。

以前はまだ「ちょっと怖いけど一途すぎる純愛もの」だと思って読んでいたんですよ。でも、なんか違う。違和感がどんどん膨らんでくる。

謎が謎を呼ぶ展開というか、まるで現実の怪談のように不条理なことばかりが起きるのです。

なので一旦このあたりで疑問点をまとめて、考察していきたいと思います。

以下、コミックス3巻とそれに続く第16話までのネタバレがあります。未読の方はご注意ください。

優里が青野くんを好きすぎる謎

この漫画の主人公・刈谷優里かりやゆうり

第1話で青野くんと喋っただけで、恋に落ちます。

なぜ喋っただけで?と思いますが、青野くんが初めて喋った男の子だったから、優しく荷物を持ってくれたから、それだけで恋をするには十分だったようです。

優里はクラスの中でも浮いた存在として描かれています。6月になってもクラスメイトから名前を憶えてもらえず「図書委員さん」と呼ばれる、体育で二人ずつ組むときに余る、昼食をひとりで食べている…等々。

しかし、優里には孤独を気にする素振りがありません。ひとりでいることを当然のように受け入れているようにも見えます。

優里が孤独に慣れる原因をつくったとみられるのが、コミックス3巻で登場する優里の姉・翠(みどり)の存在です。

刈谷家には優里が生まれるまえに亡くなった兄がいました。兄を亡くした両親は悲しみ、「家は地獄みたいになっちゃって」、小さかった翠は寂しい思いをしたようです。その寂しさを埋めるためか、翠は優里に執着してわざと友達との約束を破らせたり、自分とだけ遊ぶように仕向けたりしました。

優里はこのことで「友人がいない環境」に慣れていったと考えられます。友達をつくろうとしても姉によって関係を壊されるので、むやみに人を傷つけないために最初からひとりのほうがましだと考えてもおかしくはありません。

また、3巻途中までは翠は家から離れて暮らしていました。

とつぜんの一目惚れは、姉の目が届かないうちに他者を求める思いが募った結果なのかもしれません。

第一話で印象深かったのは、青野くんと付き合ってから優里が呟く

わたし 青野くんに会う前は
どうやって生きてきたんだろう……

(引用元:「青野くんに触りたいから死にたい」1巻14ページ)

という台詞です。

青野くんと付き合ってからの二週間があまりに楽しくて呟いたこの言葉。

ずっと求めていた他者との触れ合いを初めて感じた優里。しかしそれは青野くんの死によって失われます。そういった経緯を考えてみると、優里が「青野くんに触りたいから死にたい」となるのも頷けます。青野くんがいない世界では「生」を感じることができないわけですから。

一方、青野くん(3巻・優里に憑依した状態)は「雛の刷り込みみたいなもの」だと友人・藤本に語ります。「最初に仲良くなったのが藤本だったら、藤本を好きになっていたのではないか」とも。 それは優里が大して青野くんを知らないうちから恋心を抱いていたことからも明らかです。言わば「恋に恋する状態」で落ちてしまった恋ですが、幽霊の青野くんとの仲が深まった今となっては相手は青野くん以外では考えられないのもまた真実でしょう。

 

ペディキュアの女性は誰なのか

未だに顔が明かされていない、足の爪にマニキュアを塗っている謎の存在。もしかしたら男性かもしれませんが、ペディキュア、ストッキング、タイトスカート、長い髪などからおそらくは女性と推定される「この世のものではない何か」について考えてみたいと思います。

3巻までにペディキュアの女性が登場したのは2回。

1回目は、青野くんに身体を乗っ取られている優里が見た「✖」のある世界(2巻P152~)。乱雑な部屋の中で髪が伸びた青野くん(✖青野)に食べ物を口に詰め込まれていると「誰かいるの?」と部屋に「帰って」きます。

テーブルの下に隠れたところを覗き込まれそうになる寸前で優里の意識が戻り、顔は描かれません。

2回目は優里が自室で青野くんと話しているとき(3巻P49~)。

「コンコンコン」「コンコンコン」とベランダの窓をノックします。

カーテンを開けて確認した優里や青野の目には何も見えませんでしたが、カーテンを閉めたあと、タイトスカートから下のペディキュアの足がベランダに立っている描写がされています。

ペディキュアの女性が誰なのか、今出ている情報だけで言えば一番有力なのが青野くんの母親でしょうか。母親は青野くんが12歳の時に事故で死んだ(3巻P171)との情報があります。

青野くんと繋がりがあり、生きていない人間といえば母親だけです。ここからは勝手な妄想になりますが、ペディキュアの女性が青野くんの母親だとしたら、まだ死者と生者のあいだをさまよっている青野くんを探しに来ているのではないでしょうか。

青野くんは優里から離れようとしても戻されてしまう、とも言っていました(3巻P17)。そのことから青野くんは「自分は優里にとり憑いた霊なのかも」と言っていますが、どちらかといえば優里が命を差し出して呼び出したから、青野くんは優里から離れられなくなってしまった、とも考えられます。

 

優里が見ている「青野くん」の正体は

3巻に収録されている第13話では、優里が学童のアルバイトをすることになる棚石小学校の渡瀬さんという女の子が登場します。

渡瀬さんは霊感があり、人外なるものの姿が見えてしまうようです。優里と初めて会ったときも、一緒にいた青野くんを見て恐怖の表情を見せます。

その時の表情があまりに「恐ろしいものを見た」という顔なんですよね。優里が見えている普通の青野くんの状態であれば、そこまで怖がらないはずなのに。

その理由は月刊アフタヌーン2018年6月号でに収録されている第16話で分かりました。

四ツ首様に「お願い」する儀式をした渡瀬さんたち三人は、そろって青野くんの姿が見えるようになります。しかし、三人に見えている姿は優里が知っている「人間のかたちをした青野くん」でも「瞳が真っ黒な黒青野くん」でもなく、得体のしれないかたちをしたものでした。それで渡瀬さんはあんなに驚いていたんですね…。

今のところ、優里が見ている青野くんのかたちをした幽霊は他の誰にも目撃されていません。第15話(契約)ではオカルト引きこもり少女の堀江さんが「契約で捧げたものが多いほど繋がりが強くなる=霊を視認できるようになる」と語っています。小学生三人は「手の怪我による血」を四ツ首様に捧げています。しかしそれで何故青野くんがバケモノとして見えるようになったのか…。さらに、そのバケモノの身体が優里と繋がっている、という部分もかなり引っかかります。

 

優里と青野くんのつながり?

優里と青野くんは強い契約関係にあるだけでなく、同じ身体を共有するまでになっているのでしょうか。青野くん自体がそもそも優里の意識が分離したものなのかとも考えましたが、それだとこれまでの青野くんとのやりとりがあまりに空しくなってしまいますよね。ただ、優里と青野くんが同じようなことを言っているのが気になります。

3巻の第11話で優里が言う

ぼーっとしてると
時間ってすぐ経っちゃうから…

と、第15話で青野くんが言う

ぼーっとしてると
すぐ時間が過ぎるというか…

が共通していて、なにか意味があるのかと考えてしまいます。

これに関しては最初に優里が青野くんに言っているので、前に言われたことをおぼえていた青野くんが無意識に同じ言い方をした、とも取れます。親しい人同士って同じ言い回しをして親睦を深めていくこともありますが…気になる部分です。

 

まとめ

考えてみたけど何ひとつまとまりませんでした。

他にも黒青野くんや✖青野くんのこと、堀江さんが不登校になった理由、1学年下で同じ学校にいるという青野くん弟のことも気になることが満載で、今いちばん続きが気になる漫画です。

引き続き楽しみに読んでいきたいと思います。

―(ダッシュ)をついー(長音記号)として伸ばして読んでしまう

「ザ・ファブル」という漫画を読みました。

天才的な腕を持つ殺し屋の男女が1年間兄妹のフリをして「普通の生活」を試みる…というお話。これまで一般的な暮らしをしてこなかった「ファブル」が就職して頑張ったりわざとらしく喧嘩に負けたりしながら生活する様子がなんとも純粋で愛おしくなる不思議な漫画です。

 ヤングマガジン公式サイトでは「ザ・ファブル」第1話の試し読みができます。

漫画『ザ・ファブル』公式ページ « ヤングマガジン公式サイト|無料試し読みと作品情報満載!

「ザ・ファブル」は現在12巻まで刊行されていて、

もうすぐ(2018年3月6日)には13巻が発売予定です♪

 

ダッシュが気になる

さて、「ザ・ファブル」を読んでいて気になったのですが―――

文末の―(ダッシュ)記号が多いんですよ。

 

第1話から例をあげると、

1年ほど休業してもぐる――

ホラ――
おまえが今まで稼いだ金――

自分で管理してくれ――

こんな調子。

文末ダッシュ記号のオンパレードです―――

 

ダッシュ記号、漫画や小説などで見かけますが 

何となく余韻を持たせる、とか「……」では表せない雰囲気のときに使う、とかそういうぼんやりした認識しか持っていなかったんです。

 

ただこのようにあまりに続くと、混乱してきて「ー(長音記号)」みたいに伸ばして読んでしまうんですよ。

あ、余談ですが黙読するときって頭の中で声を出している人とそうでない人がいるみたいですね。わたしは前者。

なので上のセリフも、

1年ほど休業してもぐるぅぅ

ホラぁぁ
おまえが今まで稼いだ金ぇぇ

自分で管理してくれぇぇぇ

と、なんとも間抜けなかんじに。

 

これは長音記号とは違うんだ…!と分かっていてもつい、伸ばしてしまいます。

 

それはそれとして、「 ザ・ファブル」ほんとに面白いのでおすすめです。

「妹」のヨウコが酒場で対決するシーンが抱腹絶倒でした。

 

ちょっとしたお知らせ

ちょっとした気まぐれで、手描きの漫画メインのブログをつくりました。

できたてのブログですが、「ゆるいまんが」で検索したら1ページ目にくるくらいにしたいな!とあまりゆるくない野望を抱いて更新していきます。

よかったら見に来てくださいね♪

▼ゆるいまんが

http://yurui.hatenablog.jp/

切なくて可愛いけど怖い漫画「青野くんに触りたいから死にたい」

ものすごい漫画を読みました。

f:id:awawako:20171031162955j:plain

「青野くんに触りたいから死にたい」という漫画です。

現在2巻までコミックスが発売されていて、アフタヌーンで連載が続いています。

1巻の帯にもありますが、アフタヌーン公式ウェブサイトで公開されている第1話の閲覧数は30万PVにものぼったそうです。わたしも、まずは第1話を…と思って見てみたらぐんぐん引き込まれてコミックスを即買いしてしまいました。おそるべし吸引力。

▼第1話と第2話のためしよみができるアフタヌーン公式サイト

afternoon.moae.jp

胸キュンラブコメとホラーのコントラスト

スポンサーリンク  

男性経験皆無(だけど自称助平)な優里ちゃんの恋人・青野くんは、付き合って早々に死んでしまいます。どうしても青野くんに会いたいとカッターを手に取ったとき、優里ちゃんの前にあらわれた青野君は幽霊になっていました。

会えたことはうれしいけれど、幽霊だから触りたくても触れない。心を通わせれば通わせるほど、互いに「触れることができない」という事実が浮き彫りになっていくのが切ないです。一緒にいればいるほど、生者である優里と死者である青野の違いがくっきりと分かれてしまうんですよね…。

しかし、青野くんがあるとき「優里のなかに入ってしまった」ことから事態はただの人間×ユーレイのほのぼのラブコメから一変します。優里に憑依したことはまったく覚えていない青野くんでしたが、そのあとも不可思議なことが続き、何度も血が流れる事態に。

怖い描写も多いのですがそれでも見てしまうのは、優里ちゃんがあまりに一途に青野くんのことを想っているからなんです。ホラー描写をはさみながらも合間のギャグに癒され、優里ちゃんを応援して見届けたくなります。

 

謎が多く、何度も読み返したくなる

青野くんの存在には謎が多いです。「忘れた、覚えていない」という青野くんの言葉をどこまで信じればいいのか、ときどき黒い目をしてこわいことを言う青野くんは一体何なのか。そして、優里のなかに青野くんがはいっているあいだに、優里が見ている場所はどこなのか…。

2巻では優里と青野くんだけではなく他の人も巻き込んで、どんどん深みにはまっていくなかで一体どうなってしまうのか…!!とアフタヌーンを購読してしまいそうな勢いです。

幽霊が出てくるお話を読むと、たいていは「生きている人間がいちばんこわい」という結論に行きつくことが多いのですが、この漫画を読むと「生死にかかわらず、目的がわからない存在がなんらかの危害を加えてくるのがめっちゃこわい」と思ってしまいます。

ホラー成分がお好きでしたら、ぜひ公式サイトから試し読みをどうぞ。

レトロな少女漫画風の見た目もまたツボです!

「ハッピーマニア」完全新作続編!45歳になった重田カヨコの「今」

どうもどうも。今日は七夕ですね。

七夕といえば、再会。

今年の七夕には驚くような再会がありました。

それがこちらです。

2001年に完結した安野モヨコ「ハッピーマニア」の続編「後ハッピーマニア」が、7月7日発売のフィールヤング8月号に掲載されるとのお知らせが!

「ハッピーマニア」といえば重田カヨコが幸せを求めて恋愛をしまくり失敗しまくる破天荒レディース(あえて少女とはいわない)漫画の金字塔。

それの続編とあらば、読まないわけにはいきません。

普段漫画雑誌を買うことはほとんどないのですが、どうしても手に取ってじっくり読みたかったので本日駆けずり回ってきました。近所の書店にて1冊だけ残っていたのをゲット!

16年ぶりの再会

f:id:awawako:20170707191522j:plain

見開き巻頭カラーどーん! すみません、あまりにも綺麗だったのでこのページだけ載せました。他の画像は載せません。見てのお楽しみ!

大きく描かれているのはカヨコとフクちゃん、そしてタカハシ!

あ、今気づいたけどカヨコはハッピーマニアの最後にタカハシと結婚した(はず)だから重田ではなく高橋カヨコなんですかね? 今の今まで気づかなかった…。

それにしてもこのカヨコの表情、おそろしいほどの気迫ですね。ピンチに目を見開いているような、現実を見つめようとしているような。でも思い返してみれば16年前のカヨコもこんな風にいつもガンつけてるような必死な表情でした。

フクちゃんはあれですね…変わってないように見えます…そしてタカハシ…なんだろうこのポカンとした無慈悲にも思える明るい表情は…。

 

ネタバレなしの感想

スポンサーリンク  

カヨコとフクちゃんは喧嘩して5年間会っていなかったという設定でしたが、二人のやりとりはいつも通りで懐かしくなりました。カヨコがボケつつ、フクちゃんは激しく突っ込みつつも意図せずボケたり、それをカヨコが心の中で突っ込んだり。年齢を重ねてもそんな風に話せる友達がいるって素敵です。カヨコがフクちゃんのところに来た理由は素敵じゃなかったですけども。

カヨコとフクちゃんそれぞれの状況や、お互いの老け具合(!)の描写に、16年の重みを感じます…。

驚いたのが、てっきり「読み切り」かと思って読んでいたら途中で終わってしまったことです!  to be continuedって書いてあるし! 続くんかい! それはそれで嬉しいけど、驚いたよ!

作者の安野モヨコさんがTwitterでも続きがあることを明言していらっしゃいました。

「後ハッピーマニア」の続きは来年だそうです。オッケー待ちます!

 

注意!ネタバレあり感想

ここからは、ネタバレありの感想ですので十分にお気をつけください。

 

 

 

 さて……

 

 

とにかくタカハシー!!! タカハシなにやってんのー!

なにちょっと若い女の子に入れあげてんのー!

しかもマジ惚れっぽいし。

あーあ。でもね、タカハシって前からこんなでしたよ。シゲカヨのことを好いて追っかけてきたときもこうでしたよ。だから、納得もできるんですよね。人は根本的には変わらないものなんだなーって、思いますよね…。

その部分に関しては、

絶対に浮気しない男の代価

とも描かれていました。 

変わらなさ加減でいえばシゲカヨも、とくに職にもつかずにプラプラしているという部分では同じ。でも、浮気に関しては「ギリギリまでは何度かあるけどやってない!」らしいから驚きです。「はー、恋したい」が口癖だったシゲカヨからは想像もつかないほど一途だったんだねー。

そんな感じでタカハシに別れを切り出されて、フクちゃんのところに駆け込んだカヨコ。この図式も以前と同じです。ある意味安心…してはいけないんでしょうけど。

フクちゃんのほうもわりと複雑です。事業では成功して年収1億(!)の女になったけど旦那(ヒデキ)と息子は愛人の美魔女のところに入り浸り。フクちゃんはたまに若い男と遊びながらほぼ一人暮らし…という、カヨコが転がり込むにはうってつけの状況ですね!

 

読み終えた心境

完結した作品の続編って、100パーセント楽しいうれしいという感想だけではないということがわかりました。なんというか、苦しい。正直に言うと、再びもがいているカヨコを見て苦しくなりました。

「ハッピーマニア」は何度も読み返している大好きな漫画のひとつです。それは、最後にちゃんと完結している(まだカヨコの冒険は続くというかたちの終わり方であっても)のを知っているから、安心して何度もカヨコの恋路を「もー、ほんとになにやってんの」とフクちゃんのような気持ちで、またある時はカヨコ本人のような暴走特急なテンションで読めるのです。

今回の「後(ご)ハッピーマニア」では人物もリアルの年月と同じだけ歳を重ねさせていたこともあり、カヨコたちがより身近に、リアルに感じられました。続きは1年後くらいということで苦しさは続きますが、またカヨコの生きざまをある時点まで見届けたいなと思います。

 

ちなみに今、MANGA ZEROでは「ハッピーマニア」全11巻が無料で読めるそうですよ!

manga-zero.coroco3.com

 

お読みいただきありがとうございました!

【映画】「3月のライオン」の予告に「おう…」となって漫画の実写化について考えた

2017年3月18日から前編が公開予定の映画「3月のライオン」。

映画3月のライオン

予告編の動画を見て思わず「おう…」となったのでまとめました。

続きを読む

20代の頃の木村拓哉さんが「アシガール」の若君に似ている

昨晩の「SMAP×SMAP」最終回スペシャルを見て思ったことがいろいろあったんですが、

20代の頃の木村拓哉さん、やばくないですか?

お顔立ち、色気ありすぎじゃないですか?

 

続きを読む